水中毒

今教えたい。水中毒の恐ろしさ。

みなさんこんにちは!こんばんわ!おはようございます!

きっしょう昭和通り整骨院の須藤です!


皆さま。
暑さが続いております。
 
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
 

今回のブログでは、
水中毒

について詳しくお話していきます。
〜水中毒とは?〜
 

水中毒とは暑さからたくさんの水を飲み続けた結果、腎臓の処理能力を超え電解質バランスが崩れ、意識障害、最悪の場合死に至る恐ろしい中毒です。簡単に説明をすると、水をたくさん飲んでしまい尿(おしっこ)に出す働きのある腎臓の限界値を超えてしまい、倒れてしまうことです。

今年の夏は酷暑。災害的暑さともいわれ、その事態からたくさんの水を摂取してしまい、水中毒で熱中症同様救急搬送される患者様が急増しております。
 
では、病態について詳しくお話します。
〜水中毒の恐ろしさ、病態〜
o1080103114243552691
この図をご覧ください。
通常、水は血液中に混ざります。そこに対して水の量が多すぎる場合血管の外にでます。その外に出た水が尿としてでて来るんですね。
しかし、水を大量に摂取した場合、尿に出る量が一定値を超えると「むくみ」としてなります。
そのむくみが脳を圧迫してしまい、熱中症同様の症状が出てきます。
〜熱中症か、水中毒か判断するものは?〜
 
水中毒の初期症状は、熱中症の初期症状ととても似ています。
もし、熱中症か水中毒かわからない場合…
涼しい場所で休む。

これがまず第一です。
そして、必要であるならば救急車を呼ぶ。これをまずは徹底して見てください。決して水をたくさん飲めば熱中症は治る。ということはありません。
1番大事なのは塩分も取ること。

市販のスポーツドリンクや、塩分摂取できるものを摂るようにしてください。
平成最後の夏。
みなさん楽しい夏を過ごすために必要なことをしてくださいね(^^)

きっしょう昭和通り整骨院ホームページ

〜当院からのお知らせ〜

8月下旬に走り方教室を開催いたします。

参加の方は当院ホームページまで!

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください