脳卒中

脳卒中(脳血管障害)⑥

こんにちは😀店長の近藤です。
台風のあとは地震・・・。自然災害が続きます。最近、災害規模が大きくなっているような気がします・・。
いつ、どこでおこるかわからないので、気をつけたいですね。

今回は視床出血についてです。
脳出血の中では前回の被殻出血に次いで多いです。
脳の被殻より内側の視床という部位に出血し、顔面を含む対側の片麻痺、感覚障害、意識障害がおこります。
中でも特徴的なのが、血腫の周囲に浮腫が見られる影響で、眼球の内下方偏位(鼻先を見つめる形)がおこります。
また、視床の外側に内包という運動と感覚の両ニューロンの通り道があるため、以前お伝えした脳幹出血同様手術(血腫除去術)はできません。そのため予後不良です。
脳出血は出血した部位によって症状の出方が違います。
ただ、いづれも高血圧が好発要因となっているので、血圧管理に気をつけましょう。
次回は小脳出血です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください