問診の様子
脳卒中

脳卒中(脳血管障害)⑧

こんにちは😀店長の近藤です。
長かった暑い夏から秋らしく過ごしやすい季節になりました。先週に続き、夕方から突然雨が降ったりとなかなか安定しない天気ですが・・・😅

今回から脳血管障害の中でも脳梗塞についてお伝えします。
脳梗塞とは、脳動脈の狭窄や閉塞により虚血して脳組織が壊死する疾患です。脳血管疾患死亡数の半数以上を占め、また、寝たきりの原因疾患の第一位になっています。
好発は中高年で動脈硬化の危険因子(高血圧・糖尿病・脂質異常症・喫煙・大量飲酒)を有する人や心疾患の人です。
症状は、片麻痺・感覚障害・構音障害・失語・失認や意識障害がみられます。
脳梗塞はアテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗塞、ラクナ梗塞の3種類があります。
治療は血栓を溶かし血流をよくすることが目的のため、血栓溶解療法、抗血小板療法、脳保護療法などが行なわれ、後遺症や合併症を防ぐため早期からリハビリテーションが行なわれます。

次回はアテローム血栓性脳梗塞についてお伝えします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください