走り方教室

運動が苦手な子に共通する3つのコト。

 

みなさんこんにちは!
こんばんわ!
おはようございます!
きっしょう昭和通り整骨院の
須藤です!
 
 
DSC_0551
だいぶお待たせしました!
ブログアップ大変遅れてしまい、
申し訳ございませんでした。
今月も残すところあと少し!
今週のブログは
運動が苦手な子に共通する3つのコト。
 
 
ということで!
各週1つずつ書いていきたいと思います!
スポーツの秋。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
小学校や幼稚園、保育園では運動会がこれからある
もしくは終わってしまった方もいるかと思います。
今日はそんな子たちに運動神経を養う方法を教えていきたいと思います。

 

・お子様のリズムれてますか?

 

o0800068514286413096



運動神経が良い子はリズムを取るのが上手です。
たとえば、スキップ。
スキップをするのにもリズムやある一定のテンポがなければできないです。
走りやスポーツでもリズムやテンポを
合わせることは重要です。
たとえばサッカーや野球。
ボールに対してのミートポイントで球を飛ばす。
これにもリズムとテンポが大事。
それは走ることにも共通して言えることなんです。
では一体。。。
何をすればリズムやテンポを
養うことができるの?
 

簡単です。
 
お子様に音楽を聞かせてあげること
 
それに対して少しリズムをとらせる
 
まずは首を縦に振って合わせること
 
 

まずここからです。
 
 
子供たちは音楽に興味を持ち始める時期があります。
 
 
たとえば、皆さまだいすきな
 
アンパンマン。
 
しまじろう。
 
この2つでは最後に流れる曲で踊れる音楽や
 
リズムに乗せて歌う音楽があります。
 
その映像をみて踊ったりする子供。
 
 
はい。あれは全然悪くないことなんですね。
 
 
子供の脳は可能性が無限大にあり、
 
早いうちから経験をすることでのちにあらゆる分野で
 
活かされることもあります。
 
 
 
しかし、今まで聞かせて上げられなかった。
 
今からじゃ遅いんじゃ?
 
いえいえ。
 
そんなことありません。
 
 
 
 
アンパンマンやしまじろうの音楽を今聞く
 
年齢ではない。
 
というお子様もいらっしゃると思います。
 
 
 
 
私のオススメは星野源さんの曲です。
 
 
彼の曲ではある一定のテンポをとる曲が
 
かなり多いです。
 
(実際に私も陸上の練習で用いるビートランニング
 
という練習では星野源さんの曲を使います。)
 
 
 
まずは音楽を聴きながら。
 
 
そして私の担当している走り方教室では、
 
リズム力を養う「ビートランニング」
 
という練習もあります。
 
 
音楽の曲調に合わせてカラダを動かすのはとても
 
楽しいですよ(^^)
 
 
 
ぜひやってみてください!
 
 
 
 
走り方教室へのリンクは
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください