陸上トレーニング

走りが苦手な子が速くなったワケ。part2!

みなさんこんにちは!
こんばんは!
おはようございます!

きっしょう昭和通り整骨院の
須藤です!

今週も当院に
通われている「越智雄治郎」君
がなぜここまで速くなったのか?

をテーマに4つに分けてご紹介
したいと思います!

先週の記事はこちら!
「走りが苦手な子が速くなったワケ。」

では2時間目!スタートです!〜越智雄治郎君の功績〜


中学1年時
・武蔵野市陸上大会1年生100mの部1位


中学2年時
・武蔵野市内陸上大会2年生100mの部1位
・東京都陸上大会2年生
100mの部9位(タイム順位東京都内8位)
・東京都中学生強化指定選手選出先週では、「姿勢改善」をテーマに書かせていただきました。今週は姿勢改善から少し延長したお話。

まずはこちらの動画からどうぞ!


この動画をご覧になられた方。お気づきでしょうか?これは、重心移動のトレーニングです。
スポーツをやる上で大事なのは、・カラダの重心バランスなんです。
この時、越智 雄治郎君は重心バランスがバラバラで走る時も重心がブレて速く走ることが出来ませんでした。このように、重心移動をする事でパワーをしっかりと発揮する事が出来るんです。そして、この後1つの練習を15分ほど行うと…

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ここまで変わるんですよ!私もこの練習法を自身でやってみましたが、本当に重心のバランスが良くなり、体重移動がしやすくなるんです!が、しかし!!!申し訳ありません。この練習法はお答えはできないんです。気になる方は、当院のトレーニングを受講して頂ければわかります(^^)あ!ちょっと待って下さい!
わかってますよ!何も教えてくれないなんて、須藤先生ケチー。そんな声を頂きそうなので、今回は別のバランストレーニングをお教えします!これは初歩的なものなので、小さいお子様にもお使いできますよ!その練習法は…両足ジャンプトレーニング!なんのこっちゃ?と思った方もいると思うので早速ご説明です!

❶ 両足をついて立ちます。(この時足は開かず閉じた状態で。)

❷ そのまましっかりと膝を曲げて下さい
(この時の膝を曲げる角度は100°くらいです。)

❸ そのまま目一杯飛んでください。(飛ぶ時の重心は親指側で蹴るように。)

これが正直結構意味あるんですよポイントは「どこに体重をかけるか?」親指側に体重を乗せるとしっかりとバランスよく飛べます。ぜひやってみて下さい(^^)いかがでしたか?これだけ変われることは可能なんです。当院では動作分析から選手やお子様の得意な部分から苦手な部分を繰り返しの練習でパフォーマンスを上げます。気になる方は当院ホームページまで!

ではまた来週!

きっしょう昭和通り整骨院ホームページ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください