リウマチ

リウマチってどんな病気?ただの治療奔走期

こんにちは!きっしょう昭和通り整骨院のただのです!

四月も中盤、朝方はまだ寒いのに昼は暑くてなんてことがよくありますね…

前回予告したリウマチもそんな朝方に症状が出ます。

そもそもリウマチとは…

 免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。進行すると、骨や軟骨が壊れて関節が動かせなくなり、日常生活が大きく制限されます。また、炎症は関節だけでなく、目や肺などの全身に拡がることもあります。

 リウマチのかかり始めには、熱っぽい、からだがだるい、食欲がないなどの症状が続いたり、朝方に関節の周囲がこわばることがあります ( 図1 ) 。その後、小さな関節が腫れ、やがて手首やひじ、肩、足首やひざ、股関節など全身の関節に拡がっていきます。

あゆみ製薬会社

関節が破壊されるって想像つかない方もいると思いますが、文字通りつぶれていきます…

そんなリウマチの原因は前回ご紹介したアレルギー。つまり免疫です。

体質的にかかりやすい人が何らかの原因によって発症すると考えられていてその原因は、まだよくわかっていませんが、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産やけがなどをきっかけに発症することがあります。

ご覧の通り現在は薬で寛解という形で関節の破壊を食い止めることができます。

そのリウマチはどんな症状が出るのでしょうか?それはまた次回に、それではまた来週!

きっしょう昭和通り整骨院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください