腰痛, 吉田先生お役立ち動画, 坐骨神経痛

ちょいトレ‼ストレッチ 坐骨神経ライン

座りながらできる腰痛予防のストレッチ

歩行力、動作力に特化した施術をしているきっしょう昭和通り整骨院、院長の吉田です。

 

今回皆様にお伝えしたいストレッチがあります。

それは腰痛予防のストレッチです。

どのようなストレッチかと言いますと、坐骨神経ラインに沿ってやるストレッチです。

座りながらできるので、誰でもどこでも簡単にやれるストレッチです。

どのような方が対象かと言いますと、OLさんやサラリーマン、自宅ワークサロンなどで働いているママさんやセラピストの方など、様々な方が行えるストレッチです。

受験勉強の合間にもできるストレッチなのでお子様にも試してみてください。

座りながらできるストレッチの方法とは?

 それではストレッチ方法についてお話したいと思います。

1.骨盤を立てて座ります。

まず、しっかりと骨盤を立て、背中を伸ばして座ります。

2.膝の後ろを伸ばすように、足を前に伸ばします。

そして痛い方の足もしくは気になる足を伸ばしていきます。

3.7秒かけて前傾姿勢

7秒かけてゆっくり前に倒し、そして7秒かけてゆっくり戻してください。

このストレッチの効果的に行うには、回数は少なくとも3回繰り返してください。


<注意点>

お腹の部分にボールがあることをイメージしてください。そして、このボールををつぶさないように胸を張りながら背中を伸ばしながらストレッチをしてみてください。

↓こちらは良い例。

坐骨神経ラインストレッチ良い例
良い例
坐骨神経ラインストレッチ・ボールのイメージ
ボールのイメージ

↓こちらは悪い例。背中が丸まって、お腹も倒れすぎています。ボールがつぶれてしまったイメージ。

坐骨神経ライン悪い例
悪い例

ちょいトレ!!ストレッチ、いかがでしたか?

ぜひご感想をお寄せください。お待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください