ちょいトレ!, O脚, X脚

ちょいトレ!! レクチャー編 歩きと痛みについて

歩行分析、動作分析に特化した吉祥寺の整骨院。院長の吉田です。

今回は「なぜ歩き方を診る事が大切か?」
この事について、お伝えしたいと思います。歩き方は、正直、様々で色々な歩き方が人によって違います。

例えば、ちょっとO脚やちょっとX脚に歩いている場合

しかし、そのちょっとした事が、後に腰痛・膝痛・踵痛の原因になる事があります。


本来持っている歩きの力を信じて

このようにならない為にも、当院では、地面に一番近い足首の位置から、膝、股関節の関係もしっかり診ていきます。

皆さんの本来持っている歩きのチカラをしっかりとチェックして施術していきます。

ー痛みの動作を解説ー

O脚、X脚の踵に注目してみましょう!どうなっていますか?

ーO脚の痛みの動作を解説ー

軽いO脚で歩いていた人の場合
解剖学的に

  • つま先は正常《後方から見たら見えず》
  • 膝が外側を向き
  • 骨盤が開き
  • 猫背になりやすい

このような状態です。

この状態で歩いていると、

  • 足部が踵・外側重心になり
  • 踵が少し外側に倒れる事で、膝下から足首までの骨がねじれO脚になり膝の内側に痛みが出ます。
  • 膝へのストレスが大きくなり
  • 変形性ひざ関節症に移行しやすくなります。

ーX脚の痛みの動作を解説ー

最初は軽いX脚で歩いていた人の例として、
解剖学的には

  • つま先が外側を向き
  • 膝が内側を向き
  • 骨盤が内側に入ります

このような状態です。

この状態で歩いていると

  • つま先が外を向くことで踵が内側に倒れます。
  • そのような踵が内側に倒れた状態で歩いていると踵の内側や足底腱膜を痛めます。
  • また、踵が内側に倒れる事で、膝下から足首までの骨がねじれX脚になり膝の内側に痛みが出ます。
  • X脚がびどくなると、膝の下と膝上の骨が捻れ股関節の内側までに痛みが出現します。

このように歩き一つで痛みは変わってきてしまいます。

O脚改善の予防には何が必要か?

実際、臨床の現場でO脚の患者様は足首の固い人が多いのが現状です。足首の硬さに関連するのがアキレス腱です。また、アキレス腱についているふくらはぎの筋肉も硬くなっているケースが多いです。

足首の硬さに関連するのがアキレス腱です。

アキレス腱

アキレス腱とは

まずはアキレス腱の説明からしたいと思います。

足の踵(かかと)の腱のことで、

ふくらはぎの筋肉は(腓腹筋とひらめ筋)筋肉で構成されていて

腓腹筋とヒラメ筋
アキレス腱

ふくらはぎと踵と筋肉を繋げている部分が腱です。

このアキレス腱。ギリシャ神話に登場する不死身の英雄アキレスの唯一の弱点であったといわれています。

特徴として

  • 人体最大の腱で、約1トンの牽引力にも耐えるような強固な構造。
  • 歩行と関係している
  • つま先立ちになっている動作
  • ジャンプの動作

の時に使う。

スポーツでは

  • 陸上競技の短距離走
  • スケート競技のスタート時の蹴り動作。

と関連しています。

今回は、自宅でできるちょいトレストレッチで説明したいと思います。


ちょいトレ!O改善のためのアキレス腱ストレッチ

アキレス腱のストレッチ

  1. 立位でたつ。
  2. 片足を大きく前に踏み出す。
  3. 後の足をまっすぐ伸ばす。
  4. 踵を上げずに床に押し付ける
  5. 4秒かけて伸ばして4秒かけて戻して下さい。左右3セット

当院では皆さんの本来持っている歩きのチカラをしっかりとチェックして施術していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください