きっしょう昭和通り整骨院お役立ち情報

あなたは猫背?チェック法とストレッチ3選!

皆様こんにちは!

きっしょう昭和通り整骨院、アールスプリング、スタッフのただのです。

みなさんは、姿勢を気にしたことは、ありますか?

デスクワークの方は特に、『猫背』なんて言われることはありませんか?

デスクワークの方向けに、座り姿勢での猫背のチェックを、紹介します。

今回は、そんな猫背のチェックの方法、ストレッチを、紹介します。

目次
チェック方法
1.背中伸ばしストレッチ
2.上向き背中ストレッチ
3.仰向け背中ストレッチ


チェック方法

まずは、何も何考えず座ってみてください。

では、早速見ていきましょう。

まず、どのくらい深く座っていますか?

浅く座っていませんか?

浅く座っている結果、腰より少し上のあたりか、背中の真ん中あたりが背もたれについていませんか?

この状態の人は、骨盤が後ろに倒れて腰痛になりやすい状態です、、、



次は、顎と首です。

顎を前に付き出す姿勢になっていませんか?

この姿勢になるとストレートネックになりやすく、首の痛みや肩こりに繋がります。




この2つが当てはまる方は、座り姿勢で猫背と言えるかと思います。

次は、猫背を少しでも緩和するストレッチをご紹介します。


1.背中伸ばしストレッチ



猫背では肩が前に出てしまうため、これを戻すストレッチを行います。


手のひらを上にして、後ろで手を組みます。

そして、下にひっぱりましょう。

肩の部分が伸びてきたらオッケー!

6秒2セットで行いましょう。


2.上向き背中ストレッチ




頭の後ろで手を組んで、肘をできるだけ閉じます。

そのまま上にできるだけ伸ばします。

その際、矢印の方向に背骨を押し込むイメージで、背骨をしならせて伸ばします。

1回3秒×5セットで行ってください。


3.仰向け背伸びストレッチ



まずはバスタオルを筒状に丸めます。
厚みが出るよう2〜3枚重ねて丸めることをおすすめいたします。




それを縦に敷きます。
その上に背骨を当てて仰向けになり、両腕をあげてバンザイの形にします。






背中や、胸、脇の下が伸びる感じがあればOK!です。



タオルの上に背中を当てると痛みのある方、手を上に挙げられない、または肩が痛い方など、姿勢が取れない方はお控えください。

骨粗鬆症をお持ちの方には、お勧めできません。


いかがですか?
鏡でぜひ確認してみてください!


姿勢の調整は当院でも行っています。

興味がある方は当院へ!

きっしょう昭和通り整骨院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください