きっしょう昭和通り整骨院お役立ち情報

【肩こりの原因、僧帽筋をほぐしましょう】〜その3〜

皆様、こんにちは。


今回も肩こりを引き起こす筋肉、僧帽筋のストレッチを紹介します。

僧帽筋は上部、中部、下部に分かれています。

下部は胸椎中間と棘突起から肩甲骨肩甲棘に付着します。この筋線維は、前鋸筋とともに肩甲骨の動きを安定させます。

肩の安定は肩こりに非常に重要です。

では、僧帽筋下部のストレッチを紹介します!


〜肩のばしストレッチ〜



まず、四つん這いになります。
両手の幅は、肩幅よりも広げます。
右手を左手と左足の間を通し、上半身をゆっくりと倒し、
右肩と、右耳を床につけた状態で10秒キープします(画像参照)。

このとき、下半身は固定させます。
ゆっくりと元に戻して、左手も同様に行います。


痛みのある方はお控えください。

きっしょう昭和通り整骨院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください