足の痛み

【ただの治療奔走記】セーバー病編


皆様、こんにちは!

きっしょう昭和通り整骨院のただのです。


当院では、小さなお子様もたくさん来院しています。

その中でも特に多いのが、かかとの痛み

小児ではよく見られる筋肉の未発達が原因とされている症状です。

この症状をセーバー病、踵骨骨端症と呼ばれています。

今回はそのセーバー病を紹介します。


〜セーバー病〜

セーバー病は10歳前後の男児に多くみられるもので、かかとの軽い腫れや押すと痛む、歩くと踵が痛いなどの症状が見られます。

運動のあとに症状が出ることが多く、かかとの痛みのため、つま先歩きで歩きをすることが多いです。


この症状の原因は子供の未発達の骨を引っ張る筋肉が、収縮することで付着部である、かかとの骨に負荷がかかりすぎることです。

ですので、安静も大切な治療の一つとなります。

この症状に当てはまる方はまず、運動を少し休むことをおすすめいたします。
少しすると痛くなくなってきます。

ところが、そのままのお体ですと再度、痛みが出ることがほとんどです。


それは運動をやめて、ただ痛みが取れたからに過ぎないからです。

足の位置や筋肉のバランスの異常があるままでは、根本的に治ったとは言えません。


足のトレーニングを勧める方が多いですが、私はまず、足の裏のマッサージや青竹踏みをおすすめいたします。


原因となる筋肉の安静を図れるためです。


それでも緩和しない症状は、是非お近くの専門医にご相談ください。


当院でも改善のための治療を行っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください