ジョギング

【ジョギング初心者に知っておいてほしい。長く楽しく続けるための基本知識】運動後のこと編

皆様、こんにちは。
きっしょう昭和通り整骨院のただのです。

コロナ渦の今、ジョギングが流行っています。
そして、怪我をする方も増えています。


今回はそんな怪我を予防するために、走ったあとに何をすべきかをご紹介します。

1.温める

運動後は筋肉をたくさん使った結果、筋肉の温度が上昇します。

その後、徐々に筋肉は冷えて固まっていきます。

固まった筋肉はどんどん動きにくくなっていきます。
固まった筋肉の中は老廃物でいっぱいです。

老廃物は次の日のだるさに繋がります。

そんな筋肉の中を循環させるため、温めて血流の促進し、老廃物を流しましょう。


2.栄養素の補給

こちららは日中にジョギングされる方には、おすすめではありますが、睡眠の直前などにされる方にはおすすめしません。

睡眠直前に、摂取することで消化不良を起こして、体調が悪くなってしまうことがあるからです。

筋肉は収縮する際に、筋肉の中にある栄養素を燃やし、熱と筋の収縮を発生させています。

その際、消費した栄養素は食事などで取れますが、不足している方が多いのが現代人の特徴です。


運動後は果汁100%のオレンジジュースを飲むことをおすすめします。
筋肉が消費した栄養素を効率よく吸収できます。

分量はコップ一杯で十分です。

3.ストレッチ


最後はやはりストレッチです。

前述したとおり、運動後の筋肉は老廃物でいっぱいです。

筋肉を循環させるため筋肉を伸ばし、固まらないようにしましょう。

ストレッチの仕組みは腱が伸ばされることで、腱の中にあるセンサーが反応して筋肉をほぐす反射を起こしています。

このセンサーは筋肉が「つる」症状を起こすものと同じものです。


しっかり伸ばして、つらないようにしましょう!

次回はおすすめのストレッチをご紹介します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください